OMI化郎GIBSON

OMI化郎GIBSON WEB SITE - 自由の意味を誤解している。

Entry

ゴッホ展

ファイル 886-1.pngファイル 886-2.jpgファイル 886-3.jpgファイル 886-4.jpgファイル 886-5.jpgファイル 886-6.jpg

ゴッホ展 巡り行く日本の夢 http://gogh-japan.jp

昔実家に明らかに偽物とわかる複製のひまわりの絵があったのですが、
そこから早数十年、本物のゴッホの絵をやっとこの目で観ることが叶いました。
図録やモニターで見るのとは全く印象が違い、筆使い、筆圧、何故かその時のゴッホの感情のような思念、
全てが画の端々から伝わってくる感じがしてとっても素晴らしかった。
ワタシは「下草とキヅタのある木の幹」の絵がお気に入りでした。あとはもちろん自画像も。
自画像は目にした瞬間不思議と動悸がしてきた。その次に何故そこにこの色を使ったんだろうという色彩センスに驚いた。

北斎や英泉、国貞、広重などの有名な浮世絵もたくさんあり、かなりボリューム満点💯
でも日本人と西洋人は本当に視点と性格がこうも違うものだったんだなあと改めて思った。
今となってはお互いの文化に影響を受けあって様々な表現法が融合したけれど。やっぱり根幹はこうだったんだなっていうのが再確認できました。
日本人は俯瞰で遠景気味なのに対して
ゴッホはあくまでも主観的だなあって。そして風景画にも抜けが無く閉塞感がとても強い。
それはゴッホの心理的なものが反映されているんだろうけどね。 目が離せないけど、うってなる。

ゴッホという人物の持つ圧もさながらで、割と個人的には圧の強い作家の作品は気を引き締めてSUN値の減少と戦いながらでないと鑑賞出来ないんで、色々考えながら見ていたんですが、
「エゾギク、サルビアを生けた花瓶」を見ていた時に真隣にいたおじいさんが
体を震わせた上で力の入った放屁(音量MAX)をしたのでワタシのSUN値はより一層減少した。
多分周りにいた人は全員削られたと思う。

因みにひまわりの絵の実物は、損保美術館にあるそうです。
それも近いうち観に行こう。

上野に行ったので最近ミヤタケイコさんに教えてもらった駅ナカにあるお気に入りのショップ、
上野ランドでお買い物も出来てホクホクでした🐼

展示レポ 8時だよとメリヤスさん🐻

ファイル 885-1.pngファイル 885-2.jpgファイル 885-3.jpgファイル 885-4.jpgファイル 885-5.jpgファイル 885-6.jpgファイル 885-7.jpgファイル 885-8.jpgファイル 885-9.jpgファイル 885-10.jpgファイル 885-11.jpgファイル 885-12.jpgファイル 885-13.jpgファイル 885-14.jpgファイル 885-15.jpgファイル 885-16.jpgファイル 885-17.jpg

8時だよ全員集合展

設計図と舞台装置マニアの人が見たらたまらない展示かも。
クジラのお腹の中とか、逆さまになった機関車のやつはここに来て初めて見た!
酔っ払いコントのあの歪んだセットの設計図が見れたのと、
内装が歌うコンサートセットの着想が、長さんがディズニーランドで見てきたチキルームみたいなやつにして
というオーダーだったのを知れて満足しました。
会場内で放映されてる8時だよ名作VTR集(ワタシが行った時は金田一コントでした)を
お客様が全員くすりともせず真面目くさった顔で神妙に観てる様子はなかなかによかったです。
ワタシは家で観た時、宮崎美子の真似で周りの目を気にするシーンの志村の顔で
大爆笑しましたが、みんなシーンとしてました。これが大人か。。。

http://www.city.suginami.tokyo.jp/event/kyouikuiinnkai/kyodohakubutsukan/1035460.html

片岡メリヤスさんの展示

ダインちゃんいちおしのぬいぐるみ、初めて生で見れました!
どれもとても可愛いコたちばっかりで、全部ソウルドアウトしてましたねー。
ワタシは松と、さゆりと、人間と戦う戦士ちゃんが好きでした☺️
どうもありえないとこにありえないものがくっついちゃってるのとか、
フワフワと固い素材が組み合わさっちゃってるものに弱いです。
いつかフワフワミニ四駆がほしい。

展示会レポ サブメッコ🐟

ファイル 884-1.jpgファイル 884-2.jpgファイル 884-3.jpgファイル 884-4.jpgファイル 884-5.jpgファイル 884-6.jpgファイル 884-7.jpgファイル 884-8.jpgファイル 884-9.jpgファイル 884-10.jpgファイル 884-11.jpgファイル 884-12.jpgファイル 884-13.jpgファイル 884-14.jpgファイル 884-15.jpgファイル 884-16.jpgファイル 884-17.jpgファイル 884-18.jpgファイル 884-19.jpgファイル 884-20.jpg

サブメッコさんの展示会に行ってきました!

ソーシャルで拝見してからずっと直に製作されたお洋服やアイテムを
見て触ってみたかったのですが、遂に念願叶いましたよー。。。!!

やはり肉眼で見て直に手で触れてみると、
帆布のしっかりとした硬さや、色の風合いと、作りの良さや頑丈さを感じ、
実際に試着させていただき袖を通すと、
これまた飾られて居た時の派手派手しさが人型に絶妙に馴染み、
とっっってもおしゃれ✨ますます欲しくなってしまいました!
生地が厚手の帆布は形がぴんと張り、かなりイケてます!
薄手の生地のものは、シフォンの如き優雅さ🎀
相撲ののぼりで出来たワンピースなどは、若花田と書かれているのですが、
テキスタイルの切り抜きでまるでマリメッコのようなガーリースタイルの模様みたい🌷
だからサブメッコって名前にしました!と作者のカカコさんが仰ってましたが、
視点を変えるとこんなにファッショナブルに変わるんだなあと感心しきり。
模様の組み替えやフォーカスする場所は全てカカコさんのセンスで、
これが少しでも違うと、こんなにもグッとくるデザインにはならないのではないかと思いました。

欲しかった衣類はほぼ全て完売していたのが口惜しかったですが、
(鯉のぼりのワンピースと宝船のスカートが欲しかったァン)
関東では初の個展ということもあり、きっとみなさんこの日を待ち望んでいたんだろうなあと納得です。。。
ワタシはもう一つ気になっていた会場ノラバー×サブメッコ限定アイテムの横断歩道手拭いを購入いたしました☺️

ノラバーもとっても素敵なお店で、田無に住んでいた頃にあったら通えたなあーと思いました。
(開店したのは今年7月だそう)
カカコさん御一行を待っている間話相手になってくださった店主のノラオンナさんにも感謝です☕️✨
あと、今月閉店されるというノラバーのお隣の居酒屋のおかみさんにも。。。
不用品の1mくらいあるでかい団扇を良かったら持ってかない?と勧めていただき、
電車で1時間かかる場所に住んで無かったら是非欲しかったかも。。。🍁

しかして、サブメッコさんには近い将来、撮影で使う衣装をお願いしたいと思っています☺️
どんなデザインになるか今から楽しみ。。。❤️

それと、たねマン展とドラえもん展に出展されていたコイケジュンコさんともお会い出来て、
帰りの電車が同じ方向だったのでお話しさせていただけたのも嬉しかったです☺️
ドラえもん展の紙のドレスに、サイン的な隠しメッセージがあったのを知って、
只今もう一回観に行きたさ爆発中。。。💣

Page

Utility

化郎MENU

化郎メンバーブログ
Cosplay-コスプレ 化郎からお知らせ OMI化郎GIBSONの日常

Entry Search

Archive

    過去ログ選択フォーム

Access

Total:
Yesterday:
Today: